一般社団法人 入間青年会議所 〒358-0021埼玉県入間市高倉4-4-3 
Tel:04-2965-8858(火・金曜10-16時)
   
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
   
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
11月 
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
10月 
8月 
6月 
5月 
4月 
2月 
1999年
1998年
理事長からのメッセージ 2010年11月25日
 11月も中盤が過ぎ、今年あれ程までの猛暑をすっかり忘れてしまう位の肌寒さになりました。いよいよ2010年度も来年度に繋げなくてはならない大事な時期に差し掛かってきました。例会も残すところ総会と卒業式のみとなり、今次年度の活動予定がまさしく交錯してする忙しい時期でもあります。また、私生活において仕事も忙しくなってくる頃だと思います。是非ともお体には十分御配慮頂き元気に年末を過ごして頂きたいと思います。

 さて、世間では中国魚船による尖閣諸島沖衝突事故の報道からさまざまな世論が広がる中、ロシアのメドベージェフ大統領の北方領土訪問等、日本が占領されそうな予感をさせる事態になっている事に非常に国民として危機感を持つようになりました。大変恐ろしい事態になっている反面、私は今の日本人の平和ボケの目を覚ます非常にいい薬だと思います。今回の事件等が起こったからと言って世論は奮起しないでしょうが、経済も含め今の世の中と向き合い、これからの日本を支えていかなければならない青年として引き続き国やまちを見つめていき、行動していきます。
理事長からのメッセージ 2010年11月9日
10月ももう後半戦!
早いもので残すところあと2ヵ月強しかない2010年度。
10月第1例会 万燈まつりを1週間前に控え、最終調整の田中委員長と言いたいところですが奮闘中の様です。当日は公益社団法人日本青年会議所関東地区埼玉ブロック協議会会長 石川篤信君が参加して頂けるという事で一緒に御神輿を担げればと楽しみにしております。
 さて、チリで起こった落盤事故救出劇は私自身物凄い感動をしてしまい、テレビを見ながら涙してしまいました。2ヶ月という長きに渡り地下700メートルという想像も出来ない場所での生活は、人間の本質が現れる場だったのではないでしょうか。その中でもリーダーシップを発揮した方は、錯乱状態の人々をなだめ落ち着いた対処をしていく中、救出まで一生分の神経を使われたのではないでしょうか。このリーダーに敬意を表すと共に私たちJCマンも青年経済人としてあらゆる場面において見習うべきだと感じました。
 社団法人入間青年会議所は残すところ3例会1事業となりました。現在2委員会が今年度の担当事業の全てを終え、その他委員会の応援を行いながら輪の育みをしております。年末に向けて忙しくなり今次年度の組織体制が交錯している中ではございますが、最後まで御協力をお願い申し上げます。